kkベストセラーズ ONLINE

仕事人生あんちょこ辞典

仕事人生あんちょこ辞典

仕事人生あんちょこ辞典

著者:角田 陽一郎/加藤 昌治

定価:2700(税別)

判型
A5
刊行年
2021.09.02
ISBNコード
9784584139776
内容紹介

■書店様専用注文フォーム(Googleフォーム)■

 

ビジネスパーソン、一人一冊。悩んだら読め!

あなたの仕事人生において難局を乗り越える「武器の宝庫」であり、

好き兄貴的なアドバイスの書。

 

バラエティプロデューサー・角田陽一郎と

大ロングセラー『考具』の著者・加藤昌治、渾身の編纂。

“日本初” のお悩み解決「あんちょこ」辞典。

 

《本書の効用》

 

①「仕事人生」で直面する数多の「お悩み」を解決する「裏技&心構え」が身に付く。

②人と比べて生きることをやめ、自分の「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」が見つかる。

 

《本書の活用法》

 

POINT①

◎ビジネスパーソンなら誰でも抱えている今最も旬の「お悩み」。

「あ行」から「ん」まで、「キーワード&質問」45個から自分が抱えているお悩み項目を読む。

すると、ブレイクスルーできる智恵が得られ、安心して仕事に取り組むことができる。

例)

  • パワハラ上司をこらしめたい ●意識高い系の部下にイライラする
  • お金がぜんぜん貯まらない ●リストラされてしまいました
  • 会社が倒産しそうで不安だ ●同僚の裏切りがどうしても赦せない
  • 自分の強みが分からない ●今の仕事が退屈でたまらない
  • 人に伝えることが苦手だ ●新しいことにチャレンジできない……etc.45

 

POINT②

◎角田陽一郎&加藤昌治が語った「お悩み」キーワードの定義90個から該当する項目を読む。今あなたが抱えている「お悩み」もちょっと視点を変えたり、視野を広げたりすることで、意外な解決のヒントや考える選択肢が手軽に得られる。

例)

「さ」…【左遷】

(角)左遷されたことがない人は、生きるための強さを得るチャンスがない人だ。

(加)終わりか始まりか。どちらに捉えるかで大きく変わる転機。

 

POINT③

◎「どんな気分で悩んでいるの? 仕事人生【感情別】逆引き索引」から、今自分が当てはまる感情と照らし合わせ、指し示す見出しや項目を読む。すると、今日一日の悩みから解放されて、深い眠りにつくことができる。

■安心できない時に ■癒されたい時に ■怒っている時に ■落ち込んでいる時に

■緊張している時に ■嫌悪している時に ■嫉妬してしまう時に ■疲れている時に

■やる気がでない時に……etc. 200

 

POINT④

◎仕事人生に役に立つ!「用語索引」約2500個と「脚注」約800個を時々眺めてみよう。きっと気になるテーマや話題に遭遇するはずだ。そうしたらその頁を開いて読んでみよう。もしかしたら、あなたの興味関心を広げ、新しい武器を手に入れてチャレンジしてみたくなるかもしれない。

 

《著者メッセージ》

 

「私たちの人生には、もうちょっと多くの選択肢があるんじゃないか?」ーーー加藤昌治

 

「人生の素晴らしさって結局のところ、何にであうか? 誰と出会うか? なんだって想うわけです!』ーーー角田陽一郎

著者プロフィール

角田 陽一郎/加藤 昌治

角田 陽一郎(かくた・よういちろう)


バラエティプロデューサー/文化資源学研究者 


千葉県出身。千葉県立千葉髙等学校、東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」「オトナの!」など主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社を設立(取締役 ~2013年)。2016年TBSを退社。映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014、15年)、SBP高校生交流フェア審査員(2017年~)、その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。現在、東京大学大学院にて文化資源学を研究中。著書に『読書をプロデュース』『最速で身につく世界史』『最速で身につく日本史』『なぜ僕らはこんなにも働くのだろうか』『人生が変わるすごい地理』『運の技術』『出世のススメ』、小説『AP』他多数。週刊プレイボーイにて映画対談連載中、メルマガDIVERSE配信中。好きな音楽は、ムーンライダーズ、岡村靖幸、ガガガSP。好きな作家は、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、司馬遼太郎。好きな画家は、サルバドール・ダリ。


                                                             


加藤 昌治(かとう・まさはる)


作家/広告会社勤務


大阪府出身。千葉県立千葉髙等学校卒。1994年大手広告会社入社。情報環境の改善を通じてクライアントのブランド価値を高めることをミッションとし、マーケティングとマネジメントの両面から課題解決を実現する情報戦略・企画の立案、実施を担当。著書に『考具』(CCCメディアハウス、2003年)、『発想法の使い方』(日経文庫、2015年)、『チームで考える「アイデア会議」考具応用編』(CCCメディアハウス、2017年)、『アイデアはどこからやってくるのか 考具基礎編』(CCCメディアハウス、2017年)、ナビゲーターを務めた『アイデア・バイブル』(ダイヤモンド社、2012年)がある。