kkベストセラーズ ONLINE

一個人

私の時間を愉しむ実用情報誌

  • 一個人2020年夏号の目次画像0
  • 一個人2020年夏号の目次画像1
  • 一個人2020年夏号の目次画像2
  • 一個人2020年夏号の目次画像3
  • 一個人2020年夏号の目次画像4

一個人2020年夏号

  • twitter
  • facebook
概要紹介
今年、我々の生活は大きく変わった。 社会、家族の在り方、個人の考え方。 今後のあたらしい日常を前向きに過ごすための一助になれば。
目次

【あたらしい日常】

今年、我々の生活は大きく変わった。

社会、家族の在り方、個人の考え方。

今後のあたらしい日常を前向きに過ごすための一助になれば。

 

PART1

あたらしい日常に備える

□来年が待ち遠しい「夏の風物詩」

□コロナと共に生きる「withコロナ」エコノミー

 生活はどう変わったのか、社会はどう変わるのか

□コロナ禍はピンチでありチャンスである

 家庭内で質の高い親子関係を築こう!

□運動は健康のため、健康は幸せのため

 正しい運動習慣で“2次健康被害を防ぐ

□不動産価格下落でこれから半年がチャンス

 アフターコロナの新ライフスタイルは

 マルチハビテーション(多拠点生活)

□個人投資が日常の時代へ

 毎朝5分の株式投資で月10万円を稼ぐ

□ICTで介護や医療にどんな変化が起こるのか

□「寄附・共助」の社会は訪れるのか

 ふるさと納税が拓く地域の未来

□地域の歴史と物語、そして誇りを知る

 荒井広幸のふるさと 青い鳥

 

PART2

あたらしい日常を愉しむ

□こんな時こそ、心弾む 憧れの観光列車

□発酵食パワーで免疫力を高める

□食べて健康! 夏の味噌レシピ

□夏疲れを解消する生活習慣

□蒸し暑い熱帯夜でも安心! 快眠生活術

□疲れを取る食品成分は 鶏むね肉で摂る

□無病息災のご利益神社

□今だから知りたい! 「超」入門 バンクシー

 

[連載]

□職人の逸品

30名様にチケットプレゼント 美術館だより

□詩歌の一撃 和合亮一

□鉄道遺産を往く 野田隆

□錦絵に見る江戸・東京の地形  竹内正浩

□聴き方が変わる〈音楽〉入門 小沼純一

□純喫茶と珈琲 Flor de cafe 樹の花 難波里奈

□スローエイジングなクルマ選び 松田秀士

□おとなの城跡 九戸城(岩手県) 滝沢弘康

□大人の脳活 まちがい探し

□読者の広場

□一個人Information

□アンケート&プレゼント応募要項

□定期購読&次号のお知らせ

□週末はレトロな路地裏へ 【浅草】

 

季刊『一個人』は1・4・7・10月3日前後の発売となります。

 

【お得な定期購読のお知らせ】
雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」で『一個人』(1、4、7、10月3日前後発売)の年間購読をご予約いただくと、お申し込み開始から2号分が定価より50%OFFとなるキャンペーンを実施中(3号目以降も5%OFF)。
詳細は下記ホームページをご参照ください。
https://www.fujisan.co.jp/campaign/ikkojin/

 

【一個人LINEにご登録ください】

お得な情報やプレゼント、誌面では出せない裏話などをご提供!

スマートフォンで下のQRコードを読み込むか、リンクからご登録をお願いいたします。

https://lin.ee/82Qd9m9

友だち追加

 

 

【お詫びと訂正】 『一個人』2020年夏号

本誌2020年夏号の記事『家庭内で質の高い親子関係を築こう!』(P18)におきまして、誤りがありましたので下記の通り訂正させていただきます。
尾木直樹先生、読者の皆様、関係各位に深くお詫び申し上げます。

P18 尾木先生プロフィール。
正しくは以下の通りになります。

教育評論家 尾木直樹さん(尾木ママ)
臨床教育研究所「虹」所長、法政大学名誉教授。1947年滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、中学、高校、大学で、合計44年間教壇に立つ。著書(監修含む)は230冊を超える。TV、雑誌など多くのメディアで活躍中。

 

P20 「家庭でのアンガーマネジメント」内文章。
正しくは以下の通りになります。

1子供に素直に謝る
子どもに理不尽に怒ってしまった時には、フォローが肝心。どんな親でも子どもに怒鳴ってしまうことはある。それは仕方がないので、親は反省したら、必ず子どもに面と向かって「ごめんなさい」とひとこと素直に謝ろう。

2怒りそうになったらその場を離れる
怒りそうになったら、すぐにその場を離れるのもいい。怒りの感情のピークは6秒ほどで収まると言われているので、心の中で6つ数えてじっとこらえるか、それが難しそうなら、隣の部屋に行くなどして子どもと距離を持とう。

3子どもの言い分を聞き、深追いしない
腹が立っても、まずは、子どもの言い分を聞こう。子どもがなぜそのような行動をしたのかに共感・理解できれば、怒りも自然と静まる。子どもの言うことを深追いせず、親からも意見を言っておしまいにできるとよりよい。

バックナンバー